速読法を身に付ける?

サイトマップ
速読.biz
 

速読法を身に付ける?

[速読術の方法]

速読法では、文章の意味を理解する事に重点を置いて読みますが、速く読むことで脳細胞を活性化する働きがあります。

速読法で脳細胞を活発にさせる事は記憶力の強化にもなります。
速読法では、本を読んだ後に文章の内容を書き出す作業をしますが、一度覚えたものを思い出す作業を繰り返すと記憶力を強化することができます。

特殊な脳をもっている人は、速読で読んだ内容を丸暗記している場合があります。
普通の人は、ゆっくりと読んだとしても本の内容を丸暗記する事は難しいと思います。

ゆっくりとした読み方では、一時記憶を使って本のあらすじをなぞるように理解していきます。
速読でも、一時記憶を活用して理解しますが、そのスピードは格段に速く、早送りでドラマを見ているような感覚だと思います。

速読の読み方では特に、意味の一部を映像化しながら理解していきます。
それと同時に、文字を瞬間的に理解する作業も行います。

文字を瞬間的に理解するとは、文字を見ただけで理解することです。
そのときに、頭の中で言葉を音声化していません。
速読では、基本的に文章を見て瞬間的に理解しています。

速読ではほとんど見て理解している感覚です。
この状態では、非常に精神が速読に集中していて、脳細胞も活発に働いています。
普段は使われていない、右脳も効率的に活用しています。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
速読は目が楽(らく)
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み