速読の速さ

サイトマップ
速読.biz
 

速読の速さ

[速読スピード]

速読の速さ速読する速さはどれくらいで読めるのでしょうか。

速読では、少し練習すれば3倍程度の速さで読むことができます。

速読の速さだけ考えると、3倍~10倍以上は可能ですが、実際に読める文字数は人によって違うと思います。

一般的な読書の速さは500文字と言われていますが、これは読みやすい本を黙読した速さの事で、平均的な速さのことです。

あくまでも速さの平均ですから、読書が遅い人で300文字、早い人で1000文字程度と考えられます。

本人の読む早さ×速読スピードと考えていいと思います。
読書の速さが300文字の人は速読で900文字~3000文字以上、速さが1000文字の人は3000文字~10000文字以上の速さになります。

速読で勘違いされるのは、飛ばし読みをしているのではと思っている人が多いと思います。
速読法では、飛ばし読みで理解する事は基本的にしません。

文字を読むとき、全ての文字に目を通して読んでいます。
全ての文字に目を通す読み方で3倍~10倍以上になるという事です。

速読は一般的な黙読で理解する読み方とは根本的に違うと考えていいです。
速読で読むとき、頭の中で音読化していない状態で、理解しているからです。

 

関連記事

2・3行読みの速読
速読の目の動き
速読のリズムで読む
速読のスピード変更
読む速度の加速性
速読ソフトで練習
視野の大きさと速読
視野と速読のスピード