速読のリズムで読む

サイトマップ
速読.biz
 

速読のリズムで読む

[速読スピード]

速読のリズムで読む速読はリズムよく読むことが大切だと思います。

読むリズム(スピード)は人によって違うと思いますが、出来るだけ理解できる速さで目を動かします。
理解できる一定のリズムで文章を見ていったとき、頭の中で読める実感が出てきます。

読むリズムとは、一度に見れる視野を移動するスピードの事です。
1行の3分の1程度の視野であれば、3分の1を保ちながら一定のリズムで見ていく必要があります。
1行が見れる視野であれば、1行を保ちながら一定のリズムで見ていく必要があります。

リズムは一定に保つ必要がありますが、速く見ればいいという訳ではありません。
速読ですから、最初の段階ではスピードど重視して速い目の動きで文章を見ていく必要があります。
最初の練習では、スピードを重視していますので、殆ど理解できないと思ってください。

理解できていないからといって、音読に戻って読むような事はしてはいけません。
音読で読む癖を一度クリアーしなければ、いつまで経っても速読をマスターする事が出来ないからです。

速読ができる段階になったときは、本の読み始めはゆっくりと目を動かしていった方がいいでしょう。
速読がマスターできても、読み始めのしばらくの間は目が慣れていないので理解力も鈍っているからです。

速読を始めてから5分くらいは比較的ゆっくりとしたリズムで目を動かして、読んでいきます。
ある程度を慣れたと思うのは感覚で分かるはずなので、読むリズムも少しづつ速くしていきます。

 

関連記事

2・3行読みの速読
速読の速さ
速読の目の動き
速読のスピード変更
読む速度の加速性
速読ソフトで練習
視野の大きさと速読
視野と速読のスピード