読む速度の加速性

サイトマップ
速読.biz
 

読む速度の加速性

[速読スピード]

読む速度の加速性速読で読むときの速度は一定なのでしょうか。

読むときの速度は、速読をマスターした場合でも読み始めはゆっくりと読んでいきます。
ゆっくりと読むとは、取りあえず文章を見ている状態だと思います。

速読で読むとき、文章を目で追うのは比較的簡単です。
しかし、肝心の意味を理解していなければなりませんが、ある程度目が慣れるまでは、理解力が低下している状態になっています。

これは車が加速していく状態と似ています。
車の走り出しはゆっくりとローギアで走りますが、ある程度加速するとハイギアに切り替えて燃費も効率よく走ります。

人間の脳は、高度な事を行うことは、最初から脳がフル回転している訳ではありません。
集中力を高めて、高い能力引き出すまでにはしばらく時間がかかるのです。

頭がフル回転した状態になり、集中力が高まった状態になると、それを維持する努力も必要です。
ちょっと他の事に意識が向いたり、気になったりするだけで集中力は低下してしまいます。

高い速読を維持するには、心をまっすぐにして本を読む事だけに意識を集中する必要があります。
そして読み始めはゆっくりでも本の内容だけに集中して理解しようと努力しなければなりません。

集中力が高まって本の内容がよく理解できるようになると、文章を読んでいるよりは、文章が目に飛び込んでくる感覚になります。
もちろん、文章は目で追っている訳ですが、集中的に意味をに理解できている状態になります。

このときには頭の中で音声化している事はありません。
文章の意味をとらえる事だけに意識が向いていて、高度に集中している状態になります。

 

関連記事

2・3行読みの速読
速読の速さ
速読の目の動き
速読のリズムで読む
速読のスピード変更
速読ソフトで練習
視野の大きさと速読
視野と速読のスピード