2・3行読みの速読

サイトマップ
速読.biz
 

2・3行読みの速読

[速読スピード]

2・3行読みの速読2・3行読みの速読をマスターすると飛躍的に読むスピードが上がります。

2・3行読みは本当に可能なのでしょうか。
2・3行読みで読みやすいのが漫画本などの一行が短い文章です。

2・3行読みでは、視野を大きく広げなければ読むことが出来ないので、1行読みが完全にマスターした人でないと難しいと思います。

複数行を読むとき、視野を大きくしなければなりません。
しかし、一行でも長い文章(40文字程度)だと視野を広げないと読むのは難しいと思います。

漫画本や新聞などの一行が比較的短い文章だと、2・3行読みで読んだ方が効率的だと思います。

普通の読み方では、一文字づつ読んで理解していくのになぜ2・3行読みが可能なのでしょうか?
2・3行読みは、脳の特殊な脳力で、非常に高度なテクニックですが練習さえすればマスターする事が可能です。

一般的には、文章はこのように一列に並んでいた方が頭に入りやすいです。

「朝食はパンを食べました。」
「0123456789」←脳が理解する順番

しかし、速読法では複数行にまたがって並んでいても、頭の中で整理して意味をとらえます。

「朝食はパン
を食べまし
た。」
0123←脳が理解する順番
4567←脳が理解する順番
89  ←脳が理解する順番

これはコンピュータで言えば、並列処理をしている様なものです。
「複数行を見る→順番を整える→理解する」の作業を一度にこなしているのです。

脳はトレーニングを積むことで、文章の順番を整理する能力が身につきます。
複数の行でも一行と同じく理解する事が可能となるのです。

 

関連記事

速読の速さ
速読の目の動き
速読のリズムで読む
速読のスピード変更
読む速度の加速性
速読ソフトで練習
視野の大きさと速読
視野と速読のスピード