速読練習は毎日行う

サイトマップ
速読.biz
 

速読練習は毎日行う

[速読術の方法]

速読練習は毎日行う速読をマスターするとき、できるだけ毎日、集中的に練習した方が上達が早いです。

速読の基礎練習では、視点移動や視野拡大トレーニングを行いますが、ここの練習では理解する事に重点は置いていません。
速読で本読み練習を行うまで、または行いながら毎日練習する必要があります。

速読を完全にマスターするまでは、毎日練習する必要がありますが、定着するまでは普通の読み方に戻らない事が大切です。

まず、数週間は基礎練習をしっかりと行ってください。
一度速読がマスターできたなら、ある程度期間が空いても速読スピードが落ちることはありません。

読む速度が何倍にもなった人は(定着できた人は)、意識している限り音読のスピードには戻りません。
しかし、面倒だからと音読で読んでしまうと、遅く読む癖が戻ってしまいます。

最初の間は難しくても、速読でどんどん読んだ方がいいです。
速読が定着するまでに数週間~数ヶ月かかる場合がありますが、その間は難しいと感じられるかも知れません。

一度速読が定着するとゆっくり読むのが面倒になります。
速く読むのが当たり前になると、出来るだけ速く読みたいと気持ちも変わってくるのでとても楽になると思います。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読は目が楽(らく)
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み