速読は目が楽(らく)

サイトマップ
速読.biz
 

速読は目が楽(らく)

[速読術の方法]

速読は目が楽(らく)速読で本を読んだ方が、目が楽(らく)だと思います。

速読では視野が大きくなっている分、視線をこまめに動かさなくても読むことができます。
文字を読むときは基本的にぼんやりと眺めている感じです。

速読は文章を大きなブロックに分けて見ていきます。
このブロックの大きさが広い方が視線を動かす回数も少なく、目に負担がかからない状態になります。

普通の読み方では、一文字づつ認識しながら音読(黙読)します。
このような読み方では、視点の動かす回数が多くなり、目が疲労しやすいです。

視野が大きくなると一つ一つの文字を見ている訳ではなく、ページの一部分を大きな範囲で見ている状態です。
文字は認識していますが、一文字単位で見ている訳ではありません。

速読でも、視野が小さな場合は視点をこまめに動かさなければならないので目が疲れてきます。
出来るだけ大きな視野で見れるように普段から練習する必要があります。

本を読むと目が疲れる人は速読で読むことをお勧めします。
一点集中の疲れる読み方より、速読の楽で効率の良い読み方の方が結果として本を読み終える時間も短縮できます。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み