視野の大きさと速読

サイトマップ
速読.biz
 

視野の大きさと速読

[速読スピード]

視野の大きさと速読視野を大きくするのは速読では不可欠な要素です。

人間の周辺視野は左右で200度くらいありますが、実際に文字を読むとき、文字を認識できる視野はかなり小さいです。
普通の人では、6文字程度の視野で文章を読んでいます。

文字を認識できる視野を大きくする事が、速読のスピードを上げるには必要です。
最初は10文字程度を見る練習から始めた方がいいです。

文字に目を凝らすと(集中すると)、狭い視野で文字を見てしまう癖があります。
文字を読むことに集中すればする程、視野も狭くなってしまいます。

文字を読むという感覚を一度やめて、ぼんやりと文字を眺めた方が視野が狭くならないと思います。
速読するときは、実際に大きな視野で見ている訳ですが、一行を見れる視野になるまでには毎日の練習が必要です。

一般的な書籍では一行は30~40文字の長さです。
実際に文字を認識できる視野を4~6倍くらいにしないと一行読みをマスターする事は出来ないのです。

文字を読もうと目を凝らしている状態では、視野が狭くなって逆に速く読むことが出来なくなってしまいます。
文字は見る、映像として認識するような気持ちが必要だと思います。

文字を認識できる状態になったら、出来るだけ文字の意味をイメージできるように練習します。
頭の中で文字の意味を理解できるまで、繰り返し練習します。

 

関連記事

2・3行読みの速読
速読の速さ
速読の目の動き
速読のリズムで読む
速読のスピード変更
読む速度の加速性
速読ソフトで練習
視野と速読のスピード