本読みトレーニングとは

サイトマップ
速読.biz
 

本読みトレーニングとは

[速読術の方法]

本読みトレーニングとは速読では、基礎練習の他に本読みトレーニングも行います。

本読みトレーニングでは実際に本を用意して、文字に目を通して行きます。
最初の段階では、視線を速く動かす事に重点を置いていますので、本の内容を把握しようと思わない事です。

しかし、本の内容が分からないとどうしても視線が止まってしまい、音読で読もうとする癖が出てきます。
まずは、文字を眺めているという感覚だけをつかむだけで十分だと思います。

文字をしっかりと見ると、単語が目に飛び込んで来ますが、単語の意味をイメージしてみると良いでしょう。
文章の意味は理解できなくても、単語は比較的簡単にイメージできるはずです。

ページの中の単語をいくつか拾っているだけでも、大よその文章の流れがつかめてきます。
文章の意味が理解出来ていないので、不安になっても視線を止めたり、音読で読まない方がいいです。

本読みトレーニングは、自分の持っている本ならどんな本でも練習できますが、出来るだけ興味が持てる本で練習した方がいいと思います。

本を理解したいと意識する事が大切ですから、最初から興味のある本で練習する方が上達します。
文字は大きめで、文章のあらずじがしっかりとしたストーリー性のある本が速読練習に適した本だと言えます。

本読みトレーニングでは、本の最初から最後まで目を通してみると良いでしょう。
一回目は意味が理解できなくても、何度も目を通せば文章の流れがつかめてくるからです。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
速読は目が楽(らく)
速読の縦読みと横読み