右脳を鍛える練習

サイトマップ
速読.biz
 

右脳を鍛える練習

[脳科学]

右脳を鍛える練習右脳を鍛える脳トレーニングが大ブームになり、ゲーム機などでいろいろなソフトが販売されましたが、右脳はどのような働きをしているのでしょうか。

右脳は直感力やイメージを働かせるのに使われている部分です。
左脳とは対象的で、論理的な思考は不得意ですが、芸術的な能力を処理している部分だと考えられています。

右脳は現代人はあまり使われていないと言われていて、左脳よりも右脳を開発するトレーニングが注目されています。

速読では右脳読みと言われる事がありますが、左脳より右脳を使って読む練習を行います。
文字はイメージ(映像)としてとらえて、理解する練習が必要です。

速読を行っていると、イメージ力が膨らんで右脳が活性化されていきます。
右脳が活発になると、様々な能力も同時に開発される可能性もあります。

右脳を活性化させるには、文字を映像としてとらえて理解する速読トレーニングはとても有効な練習だといえます。

本を読むのは日常的に行われる行為なので、速読さえマスターすれば、特別なトレーニングをしなくても本を速読するだけで右脳が開発されていきます。

 

関連記事

速読法はなぜ可能なのか
現代と速読の関係
速読のウソと本当
速読と前頭前野の機能
頭を良くする方法