速読の練習期間

サイトマップ
速読.biz
 

速読の練習期間

[速読術の方法]

速読の練習期間速読での練習期間はどれくらい必要でしょうか。

速読は基本的な練習から段階的に始めるとかなりの練習期間が必要です。
しかし、速読練習をしっかりと基礎から始めた方が結果的に早く速読をマスターできると思います。

速読の基本練習とは集中力練習・視点移動練習・視野拡大練習などです。
これらはまず最初に練習しなければなりませんが、慣れないうちはこれらの練習も大変にだと思います。

ジョイント式ハイパー速読術では、3日間の練習で3倍になる体験版が付属しています。
速読術で3倍のスピードで読むことはそれほど難しくありませんが、それを定着させるまでには最低でも1ヵ月以上の練習が必要です。

ある程度のスピードで読めるようになっても、普通の読み方で読んでいると意味がありません。
普通の読み方で読んでいる場合は、それが癖になって元のスピード(1分間に500文字前後)に戻ってしまいます。

速読で気をつけなければならないのは、速読をマスターしたら文字を一切音読しないことです。
世の中には読まなければならない文字が至る所にあります。
テレビ広告の文字、看板の文字、インターネットネットの文字、テレビゲーム中の文字、チラシの文字など様々あります。

文字を音読で読む癖をなくさない限り、速読をマスターするのは難しいと思います。
その為には、速読の練習期間中であっても音読を一切やらない事と、練習期間を長く取ってしっかりとマスターするまで練習に集中する必要があります。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
速読は目が楽(らく)
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み