速読法はなぜ可能なのか

サイトマップ
速読.biz
 

速読法はなぜ可能なのか

[脳科学]

速読法はなぜ可能速読法がなぜ出来るのか説明したいと思います。

速読法は読む(音読)とは少し違う読み方で、頭の中で音声化していなくても意味が理解できます。
速読法では読んで理解するのではなく、文字を見て理解しています。

速読法で文字を見るだけで、なぜ理解できるのでしょうか。

テレビドラマを見て、ストーリーを理解するには音声を聴かなければなりません。
テレビドラマで、音声を聴かないで、画面だけを見たときは、頭の中でどんなストーリーなのか想像しなければなりません。

ストーリー(内容)を想像する脳力は速読法では必要不可欠な能力の一つです。
速読法で文字を見て理解するときには、頭の中で想像するような状況に近い感覚を覚えます。

速読法では、「聴く聴覚→理解」ではなく「見る視覚→理解」に頭の中で変換する脳力を身に付ける事が重要です。
そんな事ができるのかと思われるかもしれませんが、人間の潜在的な脳力を開発する事で可能になります。

「見る視覚→理解」の特殊な脳力は、一般の方でも開発する事は可能です。
個人差はありますが、ちょっとした練習で3倍程度の速読なら誰でも可能です。

 

関連記事

現代と速読の関係
速読のウソと本当
速読と前頭前野の機能
頭を良くする方法
右脳を鍛える練習