新聞を速読法で読む

サイトマップ
速読.biz
 

新聞を速読法で読む

[速読術の方法]

新聞を速読法新聞で速読するには、どのような読み方になるのでしょうか。
新聞の速読は、一般書籍を読む読み方とは違った読み方で読みます。

速読の読み方には2種類あります。
速読1つ目は、書籍などを最初から最後まで全ての文字を読む読み方です。
速読2つ目は、新聞などの記事の重要な部分のみ効率よく読む読み方です。

新聞は様々な記事が掲載されています。
新聞の記事で、広告などの読まなくてもよい内容まで全部読むのは速読法として効率的とはいえません。
むしろ自分に必要な記事のみ重点的に読むほうが新聞の正しい読み方です。

新聞の記事を効率的に読む方法を「効率速読法」と呼ぶことにします。
効率速読法では、新聞の最初のページのTOP記事から目を通して行きます。

新聞では、特に大々的ニュースは見出しも大きいく書いているので目立ちます。
まずは、TOP記事の大見出しなど文字の大きな見出しを速読で見ていきます。

新聞のページの見出しで気になった記事があれば、その内容も速読で読みます。
新聞では、一行が15文字程度と短いので調子が出てきたら一気に2~3行読みをした方が良いと思います。

2~3行読みとは、複数の行を一目で速読する方法で、基本的には一行読みと同じ要領です。
だた読む行が増えたので、かなりの集中力を必要とします。

ページのすべての見出しと記事に目を通したら、次のページに移ります。
大見出し→中見出し→小見出しの順に見ていった方がいいと思います。

 

関連記事

速読トレーニング方法
速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
速読は目が楽(らく)
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み