速読トレーニング方法

サイトマップ
速読.biz
 

速読トレーニング方法

[速読術の方法]

速読するにはどのようなトレーニング方法が必要なのでしょうか。

速読では、いくつかのトレーニングを段階的に行います。
一般的には、集中力トレーニング、視線移動トレーニング、視野拡大トレーニング、読みトレーニングとわかれています。

これらに加えて、イメージトレーニングを行う事をお勧めします。
イメージングでは、特に理解力を付けるように右脳を開発していきます。
読みトレーニングも一種のイメージトレーニングですが、速読法によってはイメージングを重視していない場合もあります。

速読するときには普通に読むより集中力を高める必要があります。
ですから、予め集中力を高めるようなトレーニングを行います。

一点を一定時間に見つめるトレーニングを行ったり、視線をゆっくりと動かしながら軌道を描いたりするトレーニングを行います。

視線移動トレーニングでは、早く滑らかに視線を動かすトレーニングを行います。
比較的簡単な練習ですが、相当な速さまで慣れると視野も広がって信じられないくらい早いスピードで視線を動かす事ができます。

実際に本を読むときには、視線を早く動かしただけでは理解はできません。
しかし、視野を広げて、しかもその状態で視線を移動させることがとても重要になります。

視野拡大トレーニングでは、文字を一つの塊として見る為に視野を広げるトレーニングを行います。
普通の人の視野は3~6文字程度しかありませんが、これを10~30文字以上に広げるとそのぶん読むスピードも早くなります。

 

関連記事

速読法を身に付ける?
速読で英単語を読む
速読の練習期間
速読と呼吸法
速読で検索エンジンを使う
新聞を速読法で読む
速読ソフトの紹介
集中力と速読練習
速読が出来ない理由
速読練習は毎日行う
速読は目が楽(らく)
本読みトレーニングとは
速読の縦読みと横読み